カテゴリ“森のようちえん”の特集・お知らせ一覧

森のようちえん2011申込み状況

今日から森のようちえん2011の申込みを開始しました。早速沢山の参加申込
みメール、FAX、電話を頂きました。森のようちえんを通じて、ここ葛巻町に
県内各地から大勢の元気な子ども達と自然大好き(?)なママパパが来町い
ただけること、改めて嬉しく感じているところです。
申込み状況につきまして、現時点でのべ2,500人以上のお申し込みをいただ
き、全ての回が申込み開始とほぼ同時(10時)にキャンセル待ちとなって
います。つきましては、参加はお申込み順となりますので、結果は追って詳
ご連絡させていただきます。あわせまして、追加開催を近日中にご連絡致し
ますので、そちらへの参加をご検討いただければ幸いです。
世間では、地域活力創造セミナーと称した講習会が盛んに開催されていま
す。それだけ、経済、人、モノ、交通、その全てが一都市集中化され、今に
なり、地方の建て直しが必要と叫ばれ始めています。しかし、小さな町・村
には大きな投資をするだけのお金はありません。あるのは豊かな自然と、安
全安心な食、人情あるれる人、そして新しいアイディアを創造するパッショ
ン。これがなければ到底大都市との共生は理想のままで終わってしまうかも
しれません。
森のようちえんやワンダーランドの展開に至るまでに、山村の小さな町を情
操教育の場として開放・醸成してきた葛巻町の先人の方々はすばらしいです
ね。盛岡で生まれ育った私は、いまだに葛巻町民の熱気に圧倒されること、
しばしば。まさに、私たちは先人の恩恵を受けながらこうして見よう見まね
で活動を続けています。
きむ

→ 続きを読む

明日、IATニュースで森のようちえんが紹介されます♪

明日、岩手朝日テレビのニュース番組内(18:17〜19:00)におきまして、森のようちえんが紹介されます。紹介されるのは、第15回のお泊まり会(2月26日〜27日)となります。子ども達とパパママの生き生きとした様子が放映されることと思います。
ご興味のあるかたはもちろん、興味がなくても明日のこの時間は、IATのニュース番組をみましょう♪(是非ご覧ください)
きむ

→ 続きを読む

ご連絡とお詫び

いつもくずまき高原牧場をご愛好いただきありがとうございます。
さて、明日28日(月)10時〜16時、くずまき交流館プラトーが工事の
ため、停電となります。そのため、電話、FAXが一時的につながらなくなって
しまいます。ご宿泊や各種体験等お問い合わせにつきまして、大変ご迷惑を
おかけします。ご了承ください。

→ 続きを読む

訂正して、お詫び申し上げます。

森のようちえんのテレビ放送を、
岩手朝日テレビ
とお伝えしました。ですが、間違えていました。
本当は、
テレビ岩手
です。
すみませんでした。
時間はお伝えしていた通り、20時55分です。

→ 続きを読む

明日!!

こんばんは、ジンベイです。
明日は、第15回 森のようちえんです。
1泊のキャンプ。いつもの森のようちえんとは違う森のようちえん。
いったいどんなことが待ち受けているのでしょうか?
そうそう、前の記事にも書きましたが、明日の夜8時55分から岩手朝日テレビで森のようちえんが放映されます。ご覧ください!

→ 続きを読む

お待たせ致しました♪ 森のようちえん2011

Q『雪が溶けると何になる?』
A『水になる!』
B『春が来る!』
学校の理科の授業ではAが正解です。
でも、森のようちえんではどちらも正解です。
そして、何より春の日差しが差し込む森の中で、小さく
まだあどけない子ども達からBという答えが返ってきた
ら、きっと私たち大人はみんな心がじ〜んと温かくなり、
ほのぼのとした幸せをかみしめることができるでしょう。
私たちが展開している、くずまき高原牧場森のようちえ
んは、自然とのふれあいの中から、子ども達が本来持っ
ている各々の感性を信じ引き出すことを目的としていま
す。活動の中で、ママパパは、子ども達のすがすがしい
笑顔に出会ったり。森の中にごく自然にとけ込み、いき
いきと活動している姿にであったり。そうこうしている
うちに、実はママパパ自身が一番楽しみ、本来の笑顔を
取り戻していることに気付いたり。家族みんなが自然体
で幸せになれるとても不思議な森が、ここくずまき高原
牧場にあります。
その森で、4月から再び森のようちえんが始まります。
申込み開始は、3月1日午前10時から。詳細はHP
トップページをご覧ください。
「もりには、たくさんのたからものがあるんだよ。」
「これは、ぼくたちだけのひみつだよ。」
きむ

→ 続きを読む

第14回 森のようちえん ?

続編です。
そりはそりでも、荷物運び用のそりもあり、そのソリに乗って滑り降りる…
スリル満点です。

お昼までチューブやソリで楽しんだら、おいしいお昼ご飯!

イグルーの中とはいえ、寒い中、熱々のうどんをフーフーとして食べるのがまた格別でした。
ご飯の後は、スノーソーという雪を切るのこぎりで作品作り。お父さんお母さんが切り出した雪のブロックで思い思いの作品を。

そして、かまくらの上へかざります。

見づらいですね…すみません。
作品作りをした後は、子羊をさわってきました。

1日目は雪がふぶき、とても寒かったのですが、2日目は太陽が照らし、天気はよかったです。 そんな1日目に、岩手朝日テレビさんに取材をしていただきました。今月2月26日の土曜日、20時55分から放映されるそうです。森のようちえんがどんな感じなのか、ブログだけでなく、テレビで見て感じ取ってほしいと思います。

→ 続きを読む

第14回 森のようちえん ?

こんにちは、ジンベイです。
12・13日の土日に第14回の森のようちえんがありました。
午前中は「子どもと大人の時間」。冬まつりの記事にもあったゴムチューブで親子そろって滑り降りました。

だんだん慣れてきたころに、みんなでつなげて見ました。

これがまた面白いんです。子どもももちろんのこと、お父さんお母さんもはまります。
絶叫系が苦手だという、ゆうたレンジャー。
勇気を振り絞ってジンベイの背中へ。まるで亀のようです。

それに対して、一人でも、ウルトラマン状態で滑るしゅんちゃん。
恐いもの知らずですね。

もちろん、チューブすべりがこわい子は、ソリすべりでした。

つづく・・・

→ 続きを読む

忘れてました・・・第13回 森のようちえん その3

午前中、子ども達がそりすべり、イグルー探検に夢中になっている頃、
ママパパはスノーシューを履いて、風の丘展望台へスノートレッキング
へ出発!途中、きつね、てん、うさぎ、野ネズミ、カラスの足跡に遭遇。
冬でも沢山の野生動物たちが活動していることを発見。足跡の歩幅から、
歩いているのか、それとも走っているのかまで、当時の様子を推測でき
るんです。面白いですね。
ところが・・・
午前中に、うさぎの足跡を追いかけすぎたのか・・・
午後になり、さっきまでいたスタッフのカメが突然消えます!
すると、スタッフのたたが・・・
あわてて駆け寄ってきました。
『きむ!大変です!カメがウサギにさらわれました!』
『どこに!?』
『ウサギの巣穴です!』
『なに〜!!!』
(・・・でた、いつもの前ふり。)
ということで、後ろを振り向くと、子ども達の目の前に、雪の大迷宮が
現れます!
『ここに亀が引きずりこまれたようだ!みんなで・・・』と言い終える
前に、子ども達は迷うことなく迷宮の中へ一目散になだれ込みます。



3日間かけて作った雪の大迷宮という自信の大作。
カメが拘留されている部屋までは、途中途中に行き止まりや引っ掛けなど、
多数のトラップも仕掛けました。15分は陥落することはないだろうと思
っていた、いや願っていたにもかかわらず・・・
わずか1分で誘拐されたカメを保護。
さすが森のようちえんのみんな。
嗅覚がするどい!
そして、きむやスタッフの願いを裏切るのが上手い!
今回は子ども達に完敗でした。
そして、カメを保護するやいなや、大作という名の迷宮を破壊し始めます。
制作者の私には、子ども達が小さな悪魔のように写り、それはそれはこの
世の光景とは思えないほど凄惨な情景が広がっていました。
笑顔で迷路を崩す子。
迷路の雪ブロックをかじる子。
奇妙な笑い声を上げ、塀を蹴り続ける子。
もう笑うしかありません(笑)。
森のようちえんを実践しながら、雪の迷路という枠にはめ込もうとした
私たちへの罰でしょう(笑)。
こんな理由から、追加開催がなくてよかった、という結論に至りました。
いつも楽しい時間と、驚きの行動を見せてくれる子ども達に、ありがとう。
いっぱい遊んだあとは、パパママが作ってくれたティラミスでお腹と心を
満たしたことろで、さようなら〜♪

13回もなかなかファンタスティックな一日でした。
さて、今日の森のようちん(14回)はというと・・・
こちらはダイナミックな一日でした。
明日追加開催が終わったら報告しま〜す。
お楽しみに。
きむ

→ 続きを読む

忘れてました・・・第13回 森のようちえん その2

冬の牧場は子ども達の興味関心をそそる物ばかり。
あれ?
ここは・・・どこ?

ちょっと!
どこにいくんだい?

あ、帰ってきた!
ん?
なになに。奥にいくと広い雪の部屋がある!?

わ!
これは!

そうです。これがイヌイットの仮説住居『イグルー』です。
湖に長らく狩猟に出かける際、吹きさらしの湖上で寒さから身を守るため
の雪(氷)のおうちです。実はこのイグルー、スノーワンダーランドに参
加してくれた子ども達が作った日本一のイグルー村なんです。
各イグルー12基が全てトンネルでつながっているスケールの大きい夢の
イグルー村です。体の大きい大人ではスムーズに室内をつなぐトンネルを移
動することは困難です。まさに子どもだけの秘密の雪の家。楽しそうです
ね。楽しすぎて、呼んでもなかなか出てきてくれず困り果てたスタッフで
した・・・。
つづく
きむ

→ 続きを読む

2 / 41234

過去の特集・お知らせ

最近のコメント

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン