カテゴリ“お知らせ”の特集・お知らせ一覧

スターワンダー2013  1日目の様子

おはようございます。キャンプ2日目の朝を迎えました。今日は無風快晴!5時の時点では放射冷却の影響で気温は−10℃。今は暖かい日差しが子どもたちを包んでいます。今日は暖かく穏やかな一日になりそうです。
さて、参加者の保護者のみなさまは、特にも初めてキャンプに送り出し頂いたご家族のみなさまは不安な一夜を過ごされたのではないでしょうか。ご飯はしっかり食べれているのかな・・・お風呂で体をしっかり洗えているかな・・・洋服の着替えはできるかな・・・夜ホームシックで泣きはしてないだろうか・・・など。しかし、子どもたちとっては、親元を離れることによって普段できないこと、またはやろうとしてこなかったことに挑戦することに意味があります。できなくていいんです。やろうとチャレンジすることが大事です。その際、スタッフが一挙手一投足丁寧に教えることは簡単ですが、それでは学びになかなか繋がりません。究極は自発的にチャレンジすること(周りの大人や子どもたちを模倣すること)が重要です、そのために、班編成を男女混合・異年齢にしています。
幼児期・少年期のの『模倣行為』は子どもたちが潜在的に持っている優れた能力です。それをこの時期に十二分に引き出してあげます。では、昨日の子どもたちの様子を少しご紹介します。
まずは入村式。くずまき高原のワンダーランドキャンプの常連さんもいれば、初めて参加するお友達もいます。みな最初は緊張の面持ち。それでもこんな質問から経験者と初めてチャレンジする子どもたちの感覚の違いに気づきます。『3泊4日のキャンプは長いと感じるか、短く感じるか?』初めて参加する子どもたちにとては『長い!』とのこと。当然ですよね。学校でさえ今は、2泊3日の修学旅行がせいぜい。それが、3泊4日なわけであり、且つ見ず知らずの人ばかり。不安になって当然です。ところが、経験者は『短い!』この理由は、くずまき高原のワンダーランドには13泊14日という長期子どもキャンプが存在し、そのキャンプを修了しているからですね。同じ情報(質問)を与えても、感性(経験)が異なることで、出てくる答え(感情)が変わってきます。キャンプのみならず、子どもの自発的活動はまさに、この感性を育む機会です。

当然、自己紹介は上級生から。それのやり方をインプットした下級生は、今度はしっかりとアウトプット。この自己紹介という些細なイベントもインプットとアウトプットの繰り返し訓練が仕組まれています。

それにしても、さすが上級生のかん。みんなの手本として立派でした。
入村式のあとは、名札作り。ワンダーランドの名札は毎回『木の札』。今回はエンジュを使いました。このエンジュという木はとても硬く香りの強いことと、木目が美しいのが特徴。早速子どもたちに香りを嗅いでもらうと一同『くっせ〜!!』。しかし・・・この1分後にもう一度香りを嗅ぐと、8割の子が『あれ?いい匂い』。この反応、面白いですよね笑。一度は臭い!と感じた木の香りが、1分後には『いい香り』に変化する。香りが1分足らずで不快から快に変わる香りがこの世に存在すると思いますか?これはまさに、先ほど説明した感性の変化です。不快は時に、心のあり方によって快に変わります。例えば雪は冷たくて嫌いだと思い家に閉じこもる人と、雪は楽しいから大好きだという人。これも心のあり方の違いがそうさせているのです。同じ雪なら、好きになりたいですよね。と、たった一枚の木の札から教科書からでは決してい体感できない『心の変化による香りの変化』を体験しました。自然はまさに生の教科書です。


ちなみに、子どもたちと木札の樹齢を調べると18年〜23年と判明。これも学習です。
きむ

→ 続きを読む

スターワンダーランド2013 バス乗車組 全員無事に到着!

今年度のスターワンダーランドは、青森、東京、宮城など県外からも多数参加頂いています。今、全員無事にくずまき高原に到着しましたので、保護者のみなさま、ご安心ください。これからいよいよ入村式です。

→ 続きを読む

スターワンダーランド2013 いよいよスタート!

みなさんこんにちは。全国的に、足早な春の到来に心躍らせている今日この頃。ここくずまき高原牧場の今朝の気温は、−5℃。これを一般世間で春の到来と表現するかは別にして、12月から2月の厳冬期を過ごしてきた私たちにとっては春です。それは何気ない日差しからも冬とは違う強さを感じたり、雪解けのあとにひょっこりと顔を出すフキノトウを見つけたりと。この何気なくも小さな春を感じさせる発見の積み重ねこそ、少年期を過ごす子どもたちにとって豊かな感受性を育む機会と信じています。
そんな思いをもって、主催しているくずまき高原牧場年4回の『ワンダーランドキャンプ』の春編が、スターワンダーランドです。スターワンダーランドの狙いはまさに、季節の移ろいを肌で感じたり、それを分析したり、分析するための道具を自分で作ったり。それはまるで小さな科学者です。自然界には私たちの知的好奇心をくすぐる現象がたくさん存在します。それに気づくか気づかないかは、私たちの感性によるものです。スターワンダーランドでは、この感性という定数を育てることを目的とし、今日から30名の子ども達と3泊4日のキャンプに挑戦します。
入村式まであと1時間。到着が待ち遠しいです。
きむ

→ 続きを読む

ワンダーランド番外編 『ブラックイグルース』

毎年、イグルー作りには宮城県のくりこま高原自然学校から強力な助っ人達がくる。その名も『楽天イグルース』。キャンプネームは、ファインプレー、ダブルプレー、フェアプレー。彼らの目的は、子どもたちの夢のイグルー作りを手伝うこと。だから子どもたちから絶大な支持をえているスーパーヒーローである。
しかし、ヒーローは悪役の存在があって光り輝くもの。悪がなければ善もない。気がつくと自然発生的に悪が生まれた。その名も、『ブラックイグルース!』。キャンプネームは、退場(きむ)、自宅謹慎(かめ)、解雇(まっちゃん)。目的は、善人になりすまし子どもたちのイグルー作りに参加し、出来上がったところを壊す!おしっこをかける!などの嫌がらせを行う。イグルー作りの裏舞台では、そんな悪の組織ブラックイグルースと楽天イグルースが激し戦いを繰り広げていた。
イグルーが完成し、みんなのヒーロー楽天イグルースが宮城へ帰還しようとしたその瞬間、今までしたたかに身を潜めていたブラックイグルースが登場。今からイグルーにいたずらにいくと子どもたちの前に参上。当然それを許すわけのない楽天イグルース&子どもたち VS ブラックイグルース の戦いがイグルー泊前に繰り広げられた。キムの師弟に懇願した『きよとも』がなんと!ブラックイグルースに寝返る。窮地に追いやられた楽天イグルース・・・その時、必殺『螺旋ビーム』を発動!!『うぁ〜〜〜〜』とブラックイグルースは撃沈。スノーワンダーに再び平和が訪れた。

こんなネタをほぼアドリブで日々こなしている。それに完全についてくる『きよとも』は天才だ!将来がとても楽しみです。ちなみに2人の好きな教科は理科。なぜか。『外でバトルができるから』。壮大な理科実験を行っているのでしょう笑。感性の豊かでみんなの人気者きよともは、17日のスノーシアターでもその才能を存分に発揮してくれるでしょう。
きむ

→ 続きを読む

アニマルトラッキングまとめ

4日目の今日はアニマルトラッキング発表会。
まずは午前中の時間を使って、各班で昨日のアニマルトラッキングの振り返りをします。一晩時間が空いているので昨日どんな事があったのか、班で確認をしてどのように発表するかを話し合います。
ワンダーが始まってから2回目の話し合いの時間。
子ども達だけでどのようにまとめ、発表するのかがとても楽しみです。
まずは各班のまとめの様子です。
1班

1班は昨日のまとめをする前に、班で掲げた目標が守れていなかったのでまず目標の再確認からスタートしました。


その後は模造紙に手分けをして書き、発表の準備。
2班


2班ではアニマルトラッキングでみつけたいろいろなものを発表するために女子は模造紙に書き込む係、男子は見つけてきたものを他の班に見やすく加工する係と手分けをしていました。

→ 続きを読む

子どもたちの珍言集

いつも私は、子どもたちの頭の中がどのような構造になっているのか覗きたくなるほど、関わりの中でおもしろおかしな答えが返ってきます。これまでの『!』な子どもたちの名言(珍言)をご紹介します。*これは全てどもたちが真顔で発言しています。
No1.
キャンプネーム:しろくま
『きむ、羊は毛を刈ると、確かヤギになるんだよね?』
*確かにどちらもメーと鳴きますが(笑)
No.2
キャンプネーム:ともっち
きむ『寒さから身を守る方法はなんだと思う?』
ともっち『1・2・3 だー!! ってやる!!』
*え!?気合?逞しすぎるでしょう(笑)
No.3
キャンプネーム:きよっち
きむ『冬の森の中ではどんな野生動物の足跡が見つかるかな?』
多数『うさぎ!、きつね!、たぬき!、テン、シカなど』
きよっち『アリ!!』
*きっと寒さに強く、相当巨大なアリなのでしょう(笑)
No.4
キャンプネーム:ファイア
きむ『アニマルトラッキングではどんな野生動物の足跡が見つかるかな?』
多数『うさぎ!、きつね!、たぬき!、テン、シカなど』
ファイア『人間!!』
*仮に葛巻で野生の人間の足跡が見つかれば今世紀最大のスクープです。
これからもどんな珍言が発信されるかとても楽しみです。
きむ
 

→ 続きを読む

2日目のお・ま・け

今回は各班の寝ている風景をご紹介します。
まずは1班

1班のコテージは2Fが2部屋に分かれているので寝るときは男女に分かれて
寝ているそうです。写真は男子の部屋です。
次は2班

2班は2Fで全員で寝ています。
全員で寝ることも話し合いで決めて、全員で寝ています。
ちなみにカウンセラーの寝るスペースは無かったです。
最後は3班

3班は毎日分かれて寝るか、一緒に寝るかを話し合っているそうです。
今日は1Fにみんなで寝ることに決まり一緒に寝てました。
明日はどんな組み合わせになるか楽しみですね。
どの写真も寝相が悪く布団がはだけている写真ですが、
ちゃんとはだけている子はカウンセラーこまめに見て
かけてますのでご心配無く!
それでは今日はこの辺で。おやすみなさい。
カメ

→ 続きを読む

ヒメネズミに遭遇

自然の中では不確実要素が満載。まさかこんな雪の中にねずみが潜んでいるとはだれが想像したでしょか。子どもたちが外で遊んでいる最中、『もぐら発見!!』よくみると長い尻尾が。もぐらではなくそれはヒメネズミ。思わぬ発見にみな興奮ぎみ。動物園で展示されている動物を見てもここまで興奮しない。それはそこに居て当たり前、動物が保証されているから。しかし、自然界はまさかの連続。だからこそ思わぬ発見が大きな感動や感激に変わるのです。よく見つけたね、しろくま。きむ

→ 続きを読む

スノーワンダーの人気者

今年は全国から27名の参加者が集いました。リピーターは15名。初参加が12名。
その中で今年で3回目の参加となる、双子の兄弟「きよっち・ともっち」は班のムードメーカー。自然と仲間を集める天性才能があり、それを決して狙っていないところがすごい。2人の発言や行動には常に『おち』があり毎日がズッコケ。双子はよく似てると言われますが、髪の寝癖もそっくり。朝からみんなの注目の的です。


朝は髪の寝癖の見本市。どうやったらそうなるの!?という奇跡の寝癖も。
きむ

→ 続きを読む

緊張の班の発表♪

入村式が終わると緊張の班発表。スノーワンダーランドの班構成は学校と異なるところが。それは、学年の縦割り、男女混合、少人数編成(9名に対し2名のカウンセラー)をとります。低学年の子は高学年の子どもたちから多くを学びます。同様に、高学年の子どもは低学年の子どもたちを支えることを学びます。男女混合も同じ理由。人は一人ひとり違って当たり前。その違いを受け入れ認めることが良好な人間関係を築く上で大切なプロセスになります。特にも、幼児期や児童期には親から、友達から、周りから認められる経験を多く積むことで自己肯定力を育みます。人を信じる、大人を信じる、そんな子どもに育って欲しいと願うのであれば、子どもを信じ認めてあげることです。それをワンダーランドでは徹底します。それぞれの年齢に応じた対応と評価が求められます。まさに、フルバリューコミットです。

1班(カウンセラー:おまつ、くろおび)

2班(カウンセラー:たいしょう、あお)

3班(カウンセラー:おか、アザラシ)

きむ

→ 続きを読む

過去の特集・お知らせ

最近のコメント

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン