カテゴリ“お知らせ”の特集・お知らせ一覧

今一度、被災地支援の輪を広げよう

昨日、政府は今回の震災の被害総額(概数)を初めて公開しました。道路、建物など直接的被害が16兆〜25兆にのぼる見通しとのこと。これは来年後国家予算の17%〜28%にもなります。これほどの甚大な被害を一日二日で再建することは容易ではありません。しかし、被災地で苦しむ人々は一日でも二日でも早く救ってあげなければいけません。本当に生活に必要な幹線道路を含めたライフラインを吟味し再建することが急務です。
今回の大震災を通じて、私たち人間がこれまで抱いてきた価値観を今一度、国民一人一人が確認する必要があります。化石燃料に依存した社会、原子力による電力生産推進ビジョン、食料の多くを海外に依存する社会、いつでも安心安全な水を飲めるという錯覚・・・。挙げればきりがありません。これらを否定するわけではなく、無論、私たちが暮らす今の社会発展の根幹であったことは間違いありません。ただ、今後も社会の恒常的発展のために、国民一人一人の価値観を転換する必要性に迫られているということです。
山村で暮らすあるお年寄りの方がおっしゃっていました。
『わたしの家の燃料は薪です。水は先祖が掘ってくれた井戸水があるし山の沢水もある。明かりは囲炉裏に薪をくべればぱっと明るくなる。食べ物は雪をかぶった畑に沢山埋まってる。天然の冷蔵庫だよ。贅沢をしなければあれで十分だよ。ははは。』
進化とは、発展するだけではなく後退も意味します。元来、生物は地球環境の多様な変化に応じて、臨機応変にその生活を進化させてきました。今、まさに日本はその大きな社会、自然環境変化の帰路に立っています。この苦境を乗りこえるために次はどう舵をきるのか。日本国民の知恵と勇気を結集しましょう。

→ 続きを読む

安否報告

昨日のブログで安否の照会がありました、ワンダーランドの仲間、斉藤弘くん(ヒロ)は家族みな無事だということが判明しました。よかった。本当によかった。吉浜さんから、テレビで無事とのメッセージが流れていたというご連絡をいただきました。ありがとうございます。これでまた一つ、不安が消えました。地道だけど今はこうやって一つ一つ確実に目の前の不安を解決していくほかありません。まだ安否が確認できない方もいます。元気に生活していることを祈ります。
きむ

→ 続きを読む

募金箱

今、全国各地に東北関東大震災に対する義援金を募る募金箱が設置されています。この義援金が被災地復興への確かな糧になることを願い、関係各所において日々議論が尽くされていることと思います。
ライフラインの復旧、医療福祉、子ども達の教育整備、産業振興とそれに伴う雇用の創出、安全安心な食の生産と供給、家族が安心して生活できる仮設住まいの設置等。一体どれほどの資金が必要となるのか私たち一般市民にはなかなか理解できません。しかし、具体的にどれほどの復興資金が必要で、被災地以外の一般市民がどれほど負担すると、被災地は救われるのか。また、あといくらほど足りないのか。政府関係機関より、是非、私たちにその具体的な数字(概数でもかまいません)を教えていただければ幸いです。一度募金はしたけれど、まだ足りないのであれば、できる範囲でもう一度援助したい!と思っている人は世界中に多数いるはずです。
特別国債を発行することも一つの手段かもしれません。しかし、いずれ国民の借金として各種税金から気付かぬ内に返金されるのであれば、今、この瞬間に、自分たちの主体的な意志を持って援助したいと思うのです。
想像を絶する厳しい生活を続ける被災地、とりわけ未来の財産である子ども達を支える支援であれば、だれも反対する人はいないはずです。大人の責任として反対してはいけないと考えます。
本日の大震災復興に思うことでした。
くずまき高原牧場と致しましても、今後多角的に支援を続けて参ります。
きむ

→ 続きを読む

自衛官

本来は牧場に関する事柄をブログに綴るべきかと思っていますが、このような大震災の復興に向け日本国民が一丸となり尽力している中であるが故に、今は、震災を通じて感じたことを日々綴りたいと思います。
今日は『自衛官』です。
自衛官とは、日本の防衛省職員の一種であり、命を受けて、自衛隊の隊務を行う(防衛省設置法第37条)特別職の国家公務員です。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指すと説明がありました。
今、まさに命をかけて大震災の復興に向け奮闘している一職種です。いつ津波が再来するかも分からない海を背に、日々人命救出作業を行っています。また、福島原子力発電においては、目に見えない放射能という驚異と向き合っています。きっとぞれぞれに大切な家族がいるにも関わらず。決して命をなげうつ訳ではありませんが、誰よりも危険な現場で国民を守ってくれているのです。
そんな屈強な精神と体力を誇る自衛官。今朝の新聞で思いもよらぬ記事を見つけました。その記事の写真には、迷彩服を着た自衛官が瓦礫の中から、被災者のものと思われるアルバムや賞状を沢山抱えているのです。本来ならば自衛官の任務は人命救助、幹線道路の普及、危険物の撤去、被災者生活の援助等に集中するであろう中で、被災された方々の思い出の品を丁寧に拾い歩く姿に感銘を受けました。
これは幕僚長の指示なのだろうか?いや、現地で被災している人々の切なる要望に、本来の任務の合間を見てとっさに判断されたことだろうと推測しています。
命をかける現場において、このような被災者の心情を配慮することができる自衛官。わたしは自営部隊の専門でも何でもありません。このような行為は戦場ではむしろ業務の妨げになると揶揄されることなのかもしれません。しかし、今、この状況下において記事の自衛官がとった行動は、きっと多くの国民の心に癒しと勇気を与えてくれたことは間違いありません。そして、わたしたち日本人が心の奥底で本当に大切に思っていることが何であるかを教えてくれました。
きむ

→ 続きを読む

安否報告

おはようございます。
今回の東北関東大地震により、みなさんから沿岸部で生活する方々の安否を心配する多数のお電話、メールを頂いておりました。これまでなかなか安否確認ができなかった、ワンダーランドの参加者、大船渡の高橋さんご一家(パッタ、みゆう)はみな無事との嬉しい連絡を頂きましたのでご報告します。ただ被害は大きく、今後とも被災者にあわれた全ての方々への変わらぬご支援ご声援を継続いただきますようお願い申し上げます。
三平くん。三平のみんなを案ずるコメントに、パッタとみゆは涙を浮かべていたようです。三平のみんなを思う優しい気持ちが、厳しい生活を続けている人たちを励ましています。ありがとう。
ワンダーのお友達も声援メールをください。このブログを通じて、たくさんの元気を被災地に送りましょう。
また、いつの日か、ワンダーランドで再会できることを祈って。
きむ

→ 続きを読む

被災地へくずまきの牛乳を届けます!

今週の土曜日。
宮古市と陸前高田市へ食料品を届けに行きます。
葛巻町の酪農家が生産したくずまき牛乳3,000リットル。
葛巻の牛乳が、少しでも被災地で生活する方々の力になりますように。
私たちが責任を持ってお届けします。

→ 続きを読む

無事の知らせを…

おはようございます。
14日に当面の間営業休止というお知らせを更新いたしました。
その記事に、「無事です」というコメントをいただきました。
沿岸にはワンダーで出会った仲間がたくさんいます。
無事なのかどうなのか… と、とても心配しています。
ただ一言「無事です」でいいんです。知らせてください。
被災地にいる方々に、一刻も早く食料など支援物資が届くことを願っています。
また、離れ離れになってしまった家族が無事に会えることを願っています。
くずまき高原牧場 高橋(ジンベイ)

→ 続きを読む

オンライン・ショッピングについて

【 お知らせ 】
 オンライン・ショッピングについて、物流復旧のめどがたたないため、当面の間、注文をお受けすることができません。
 物流復旧できしだい、注文を受付いたします。誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどお願い申し上げます。

→ 続きを読む

謹んで大地震・大津波による災害のお見舞いを申し上げます。

 このたびは、東北地方太平洋地震で広範囲にわたり、多大なる被害を受けた方々に謹んでお見舞い申し上げるとともに、一刻も早く復旧されますことを心よりお祈りしております。
 私たち、くずまき高原牧場プラトー・ミルクハウス・パンハウスは、停電以外、特に大きな被害はありませんでしたが、当面の間、営業休止とさせていただきます。
 また、予定していました、2011年3月の森のようちえんやスターワンダーランドにおきましては、大変申し訳ありませんが、中止とさせていただきます。ご了承ください。
くずまき高原牧場 高橋

→ 続きを読む

まだまだ春は遠く…

一面雪景色のくずまき高原牧場です。
どうも、お久しぶりです、ジンベイです。ケイタイからの更新です。
なかなか寒さが抜けず、雪どけが思っていた以上に一向に進んでいません。昨日は車の上に雪が降りました。そんな中、キャンプ場に行き、チェーンソーで切り倒した木の枝をのこぎりで切り落としたり、倒木と雪の重みで傾いてしまった園舎の雪降ろしをしたり…
猫の手も借りたいくらいですが、できることから少しずつ行なっています。4月からの森のようちえんまでに間に合わせれるように頑張っていきます。

→ 続きを読む

過去の特集・お知らせ

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン