カテゴリ“お知らせ”の特集・お知らせ一覧

緑色のカエル 茶色のカエル

くずまき高原牧場には
緑色のカエルも 茶色のカエルも どちらも生息しています。
そして、どちらも子ども達に捕まりました。  


と、今日はそんな話ではなく、
みなさんは『緑色のカエル 茶色のかえる』という本をご存じですか?
ジャンルは?と問われると、
子どもの絵本のようだけど、全世界1000万人のビジネスマンに読まれた
と聞くと、ビジネス書のようにも感じますが・・・
その本がこれです。

話の内容は、
登場人物(動物)は、「緑色のカエルさん」と「茶色のカエルさん」です。
どちらのカエルもイラストがとても愛らしく、悪びれた様子は全くありま
せん。
緑色のカエルさんは
「透き通ったきれいなめがね」をかけ
「正確に方向を示す方位磁石」をもち
「水がたっぷりはいる水筒」をもっていました。
一方、茶色のカエルさんは、
「汚れでくもっためがね」をかけ
「こわれた方位磁石」をもち
「水がこぼれるほどの穴のあいた水筒」をもっていました。
そんなカエルさんたちは、3つの同じ場面に出会います
?最初に、池に出会います
緑色のカエルさんは「きれいな池だなぁ」と感じました。
茶色のカエルさんは「にごった池だなぁ」と感じました。
?次に、森に出会います
緑色のカエルさんは「なんて楽しそうな森だろう」と感じました。
茶色のカエルさんは「先が見えない森に恐怖」を感じました。
?次に、泉に出会います
緑色のカエルさんは水筒でたっぷり水をくんで飲み大満足でした。
茶色のカエルさんは水筒で水をくんで飲みましたが物足りませんでした。
?あるひ、2匹のカエルが出会いました。
すると、茶色のカエルさんは自分のメガネがくもり、方位磁石が壊れ、
水筒に穴が空いていることを知りました。そして、全ての不備をただし、
あたりを見渡すと、そこにはすばらしい景色が広がっていました。
つまり、同じ情報を平等に与えても、見る人の感覚や感性によって出て
くる答えが全く異なる。だからこそ、視野を広く持つこと、広い視野を
持つために沢山の人と出会うこと、情報を得ること。パッションを持つ
こと。
・葛巻町長の鈴木重男氏はこのようにおっしゃっていました。
『夢しかかなわない』
・前葛巻町長の中村哲雄氏はこのようにおっしゃっていました。
『情報の量が仕事の質を決める』
・養老猛氏は著書「ばかの壁」でこのような感性の数式を示しています。
Y=aX(a定数、Xは変数)*同じ情報Xを与えても感性aでYは変わる。
これらを勝手にまとめると、
仕事率=感性×情報×夢×情熱×体力×気力×人間関係力 ときどき+運
大人社会では、どれが特段重要ということではなく、どれも重要で、どの
部分が自分に足りないかを知ることこそ重要なのだと気付かされます。
きたるスノーワンダーランドで育みたい力・・・
それは、感性と人間関係力。副産物として、情報、夢、情熱、体力、気力。
と感じています。
さて、今日ご紹介した本。とても奥が深いです。絵本とは思えません。
一読の価値ありです。
さて、みなさんは買って読みますか?
それとも立ち読みで済ませますか?
ちなみに私はもらいました。
きむ

→ 続きを読む

子どもの思いには負けます・・・

先日、今年度のスノーワンダーランドが定員の30人に達し、
キャンセル待ちとの連絡をしましたが・・・その後も、申し
込みが相次ぎ、『子どもがどうしても参加したくて・・・』
と言われると、もちろん断るわけにはいきません。こちらの
スタッフを増員したり、酪農ホームステイ先を増やしたりと
いった対策を講じています。こういうことをうれしい悲鳴と
いうのでしょう(笑)。
過去最高人数で迎えるスノーワンダーランド。全国から集ま
る小さな強者達。どんな物語を描いていくのか、楽しみです。
期間中は、毎日ブログでその日の出来事を事細かにご報告し
ます。昨年は、期間中、一日に1,200カウンターを記録しま
した(普段は300〜450)。今年も全国から沢山の方々にご覧
いただければ幸いです。
きむ

→ 続きを読む

来年度の森のようちえん、ワンダーランド事業

今年も残すところあとわずか。今期は、4月より森のようちえん、
ファームワンダーランド、サマーワンダーランド、スノーワンダ
ーランド、スターワンダーランド(3月予定)と、新しい活動や
従来の活動をバージョンアップした活動に多く取り組み、おかげ
さまで多くの方々に参加いただき、うれしい出会いも沢山ありま
した。
思い起こせば、昨年の今の時期から次年度の事業を計画し、頭の
なかでシュミレーションをしていたことを思い出します。ともす
ると、今年もいよいよそんな時期になってきたわけです。発展的
な事業計画は旅行を計画するのと同様、とてもワクワクするもの
です。来年の森のようちえんはどうしようか、ワンダーランドは
どうしようか、次はどんな新しい活動を始めようか。もちろん課
題もありますが、それも発展的計画ととらえることが重要ですね。
ワンダーランド事業については、来年は改革の年です。これまで、
子ども夢基金に10年間ご支援いただきながら実施してきました
が、いよいよそれを卒業します。自立的かつ持続可能な事業へと
成長したと判断したためです。また、新たなワンダー事業も誕生
する予定です。
森のようちえんについては、次年度の募集開始時期をいつにしよ
うか、開催回数を何回にしようかなど、これから速やかに検討し
なければならないことがいつくかあります。
さて、来年はどんな船出を迎えるかとても楽しみです。とりあえ
ず、1月2日からのスノーワンダーランド前泊から、仕事始めで
す。13泊14日の長丁場。全国から集まる子ども達と、同じく
全国から集まる大学生の若者と感動の冒険へ出航です!
きむ

→ 続きを読む

森のようちえん写真展開催(秋編)

大変長らくお待たせいたしました!
森のようちえん写真展(秋編)の開催が決定しました!
自然が持つ保育力に着目し(信じ)、4月よりスタート
した森のようちえん。毎回、山村の小さな町、葛巻町に
県内各地から沢山の子ども達そしてお父さんお母さんが
集まってきます。
近年はお金も人も一都市集中型、しまいには全ての国家
機能、生活機能を都市部に集約した方が、より効率的だ、
経済的だと公言する専門家の方がいらっしゃる中で、葛
巻町は、豊かな自然環境を十分に活用し、食料、エネル
ギーの完全循環を目指す持続可能な山村の町つくりを推
進しています。そんな、葛巻町の取り組みに対し、全国
から応援メッセージをいただいたり、似通った境遇にあ
る国内の農山漁市町村、または韓国や中国の山村都市か
ら多くの視察を受け入れるようになりました。
休日の大都市では、大型ショッピングモールが沢山あり
、整備された美しい公園も至る所にあります。何もかも
不自由のない生活環境であるように思われます。しかし
葛巻で展開している森のようちえんに、車で1時間半以
上もかけて毎回参加いただけるということは、都市には
ない、何かが山村にあるということだ、と信じています。
何を求めて来場されるか、それは参加者一人一人異なっ
ているかもしれません。それでも、子ども達の笑顔や、
大自然の中で主体的に活動する姿は全ての人を魅了する
こと間違いありません。
森のようちえんで活動する子ども達の姿を通じて、子ど
もの健全な育成、さらには山村の価値について考えるき
っかけにもなれば幸いです。
以下は、森のようちえん(夏)の様子です。





それでは、12月25日、26日、中三でお待ちしております。
*中三の駐車場の場所は分かりづらいので、ご確認の上、ご来
場ください。
きむ

→ 続きを読む

雪が降る前の最終整備中

ヨッシーです。今日は朝ではなく、夕方更新です。


さて、いったいここの場所はどこでしょう?
今日一日中、キムと森のようちえんの「新・フィールド」を開拓していました。それがここ! タタが入ったという川を上流に向かって上がっていくと、でてきます。一面笹ヤブだったところでしたが、草刈り機で刈り取り、広場を作ってしまいました。
そして、その広場には沢ができました。

その名も「イワナ沢」。きれいな水が流れているので、イワナを放流し、繁殖させれるのではないだろうかということでこの名になりました。ちゃんと橋も架かり、通行もできます。
最後に、ヨッシーお手製の川(沢?)と橋を。

その名も「ヨッシー・リバー」&「ヨッシー・ブリッジ」(命名キム)。ヨッシーのように大きな川ではないけれど、前に架けた橋とは違い、落ちたら水浸しになります。この川の水も澄んでいてきれいです。
雪が降ってしまうと、一切整備ができなくなってしまうので、今この時、やれるときにがんばってやります。今後の森のようちえんのために。
森のようちえんに来たときには、是非とも行ってみてください。そこのフィールドには載せていない何かがあるかもしれませんよ?

→ 続きを読む

一路、大槌町へ 『PTA連合大会』

昨日は岩手県沿岸南部に位置する大槌町へお伺いしてきました。
塩の香りがなんとも新鮮で、海にきた〜と感慨にふけっていまし
た。来訪の目的は大槌町PTA連合大会での講演でした。120
名ほどの方々にお集まりいただいたでしょうか。葛巻町の宣伝を
しっかりとさせていただきました。ありがとうございました。最
近はスノーワンダーランドや森のようちえん、GTなどの講演で
県内各所お伺いしていましたが、大槌町は今回が初めてでした。
岩手県で生まれ育ったにもかかわらず、まだまだ足を踏み入れた
ことのない市町村がいくつか残っていることに改めて気付きまし
た。
 
講演会は2時間のお時間を頂いたので余裕綽々のはずが・・・ま
たまたしゃべりすぎてしまい、予定のビデオ上映をまったくでき
ず、楽しみにされていた方、大変申し訳ありませんでした。
それでも、講演のあとは熱心なお父さんお母さんから、森のよう
ちえんのこと、スノーワンダーランドのこと、くずまき高原牧場
での体験学習全般のこと、沢山のご質問や参加希望など、ありが
たいお声かけをいただきました。
さらには、中学校の音楽の恩師や毎年スノーワンダーランドに参
加している小学生の伯母さんもわざわざ足を運んでくれていまし
た。とても感激しました。
これも、大槌町教育長、三浦副校長先生をはじめとする、教育委
員会関係者の方々、PTAのみなさんのあたたかな企画があった
からだと存じます。
次回は、是非、葛巻町にお越しください。お待ちしております!
きむ

→ 続きを読む

スノーワンダーランド2011 今日からキャンセル待ちです


年明けの1月3日〜16日(13泊14日)で開催される子ども
長期自然体験キャンプ『スノーワンダーランド2011』が本日、定
員の30名に達しましたので、今日からキャンセル待ちとなって
おります。ご了承ください。
30人の小さな冒険家は、岩手県以外にも、東京、千葉、神奈川
宮城、秋田、青森から集まってきます。葛巻町には、スキー場が
あるわけではありません。さらには、温泉もあるわけではありま
せん。しかし、こうして全国各地から14日間もの間、葛巻町に
滞在してくれることをとても嬉しく思います。
ここで、感の鋭い方はお気づきになったかもしれませんが、13
泊14日だと、北東北以外からの参加者の所属する学校は、冬休
みが終わり授業が始まっているのではないの!?と。
つまり、みんな学校を休んで来ているの!?と疑問が湧くわけで
す。
ところが、ここに葛巻町のある凄さが隠されているのです。
それは、葛巻町と葛巻町教育委員会のご後援により、葛巻町教育
委員会の教育長より、各学校長宛に(保護者を通じて)公欠願い
文書を発行しているのです!この大胆な行動は、おそらく、どこ
の教育委員会でも前例がないでしょう。葛巻町の前例があったと
してもまねできるところはないでしょう。それくらい、町を上げ
た思いがあるということなんです。
で、それを受けて本当に公欠になるの?
実は、公欠として認められる場合が多いのです!!!
当方のぶしつけなお願いにも関わらず公欠として取り扱ってくだ
さる校長先生が全国にはいらっしゃるのです。これには、私たち
も頭が下がる思いです。ありがとうございます。
そんな、いろいろな方々のご理解とご協力によって成り立ってい
るのがスノーワンダーランドです。
きむ

→ 続きを読む

冬の大冒険まであと1ヶ月

今年で11回目を数える厳冬期の子ども長期自然体験活動、
スノーワンダーランド2011まで、
ついに、残り1ヶ月!!!
となりました。今現在、全国各地から総勢27名の小さな冒険家
が集結しています。残り3枠にはどんな冒険家がチャレンジして
くれるのか、とても楽しみです。
そもそもスノーワンダーランドとは、くずまき高原牧場を中心と
し、様々な酪農体験、冬の自然体験、仲間との生活体験、ホーム
ステイ体験等を通じて、子ども達の生きる力を育む事を目的とし
た教育活動です。
しかし、教育活動一言で表現しましたが、学校で行われている概
念学習とは大きく異なります。スノーワンダーランドが目指す教
育は、体験学習法に基づくプロセスを大切にする教育活動、オン
リーワンを認めあう活動です。
つまり、
『雪が溶けたら何になりますか?』の設問に対して、
概念学習では『水になります』が正解。一方で、
体験学習では『春になります』も正解の一つとして尊重します。
一人一人違っていい!大切なのはそれを認め合あえる人間力を育
成すること。協力や信頼という言葉の意味を様々な対立・和解・
合意形成というじっくり時間をかけた体験を通じて学んでいきま
す。
ここで、過去に参加した子どものご両親からお伺いしたエピソード
をご紹介します。
親『毎年同じプログラムなのに、なぜまた参加するの?』
子『プログラムが同じでも、参加する仲間やスタッフが変わること
  で、毎年違ったワンダーになるんだ。一度も同じと思ったこと
  はないよ。』
まさに、私たちが目指していることを子ども心に端的に感じとって
くれている一幕です。私たちは、プログラムをこなすことに力点は
置いていません。プログラムから偶発的に発生する様々な感動やト
ラブルを、それに関わる全ての子ども達、スタッフと共有すること
を大切にしています。だから、同じプログラムでも、感動や印象は
全く異なるのです。
ちなみに、この子は今年も挑戦してくれるようです。嬉しいですね。
さて、一体どんな活動をするのか、気になってきましたね。そこで、
昨年の振り返りということで、5枚の写真をご紹介します。あくま
で2週間という長期間のほんの一部でしかありませんが、昨年体験
した子ども達にとっては、懐かしくも奮い立つ様な感情がきっとわ
き起こる!?ことと思います。
あと1ヶ月、私も体調を万全に整え、2週間の大冒険を体をはって
子ども達、ボランティアスタッフと共に楽しみ乗りこえます!
今年もみんな来ます!にぎやかなスタッフ達!乞うご期待!

朝食前の牛のお世話。外は−10℃以下・・・。時には、−20℃
を下回ることも。ここまでくると、むしろ−30℃を体験したくな
るほど気持ちが高ぶります。

2週間親元を離れると、やっぱり寂しい・・・。でも、ここには確か
に第2の家族が創造されます。様々な対立を経て、その絆はどんどん
深くなります。実にあったかいね〜。

葛巻町の酪農家宅へ2泊3日のホームステイ!ここにも第3の家族が
誕生します。楽しかった分、別れはお互い辛いものです。涙涙のお別
れも・・・大切な経験です。


続きは、
1月2日からのスノーワンダー冬の物語で!
きむ

→ 続きを読む

やっぱりつきたてのお餅は最高!(森のようちえん)

みんなで力を合わせてついたお餅。くるみソースも絶品!
このお餅の粘りをご覧ください!

そして今回、こんなに美味しいくるみ餅を食べることができたのも、
小屋瀬保育園のみなさんから、貴重な臼と杵をお借りできたから
です。ありがとうございました。明日、返却にお伺いします。

おいしいお餅でお腹を満たし、最後はみんなではいチーズ!

今回ご紹介できませんでしたが、子ども達は、朝食後に羊のお世話
をしました。実際に、羊舎の中に入りエサを与えます。ゲートを開
くとエサを待ちわびた羊達が一斉になだれ込んできました!この迫
力はその場に居合わせないとわかりません。牧場ならではの森のよ
うちえん。次回は12月にお会いしましょう。
きむ

→ 続きを読む

ぺったんぺったんお餅つき(森のようちえん)

お正月にはまだ日にちはありますが、一足先に、美味しい餅つき
大会〜!ここで質問です。一番好きなおもちはなんですか?
1.きなこもち
2.くるみもち
3.しょうゆもち
4.あずきもち
5.なっとうもち
6.ずんだもち
7.のりもち
8.のりバターしょうゆもち
9.のちチーズもち
10. 雑煮もち
などなど。これ以外も これは! というおもちはありますか?
ちなみに私は、のりバターしょうゆもちが一番好きです。
今回は、餅つき講師の阿部先生が収穫した、『くるみ』を使い、くる
みもちを作りました。もちろん、子ども達はくるみ割から始めます。
これがなかなか楽しい!

くるみを割ったら、今度はつまようじでくるみを取り出します。

くるみを取り出したら、次は、くるみをぐりぐりと擂ります。

あとはえい!えい!とおもちをつきます!自然と気合いが入ります。


さて、お味の方は?
                          (つづく)
きむ

→ 続きを読む

20 / 37« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

過去の特集・お知らせ

最近のコメント

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン