準備着々

印刷画面を開きます 印刷

目覚めのイイ朝を迎えました。
昨日は、深夜までスタッフミーティング、
そしてスタッフのアイスブレイクで懇親を深め、
しっかりとスクラムを組みました。
スタッフ間の関係作りは非常に重要だと思っています。
それは仲良しこよしということではなく、キャンプの
目的と目標をしっかりと共有し、だれのための活動な
のか(もちろん子ども達です)を頭と体にたたき込む
作業が必要です。
これをないがしろにすると、若いスタッフはいつの間
にか『自分自身が楽しいキャンプにしたい』という誤
った目標を設定してしまうのです。楽しいと思えるの
は、辛い経験を乗りこえた先にある感動の一つであり、
対立もなく、失敗もなく、挑戦することもしない活動
は、このキャンプでは必要としていないのです。
ですから、時には(いや、たびたび)子ども達の見え
ない裏側でスタッフにはかなり厳しく接することあり
ます。でも、そうであったとしても、初日の目的・目
標の共有、さらには真の信頼関係さえ構築していれば
それもお互いを高め合う糧になると考えています。嫌
いだから怒るのではなく、子どものためを思うから、
スタッフも必死なのです。
よく、参加者あがりの一年目カウンセラーが口にする
言葉があります。
『スタッフってこんなに大変な役割だとは思っていな
かった』と。
スタッフは黒子です。主役は子ども達です。どんなに
辛い時も、子ども達の前では子ども達以上に明るく元
気に関わりを持つ、それがカウンセラーという仕事で
す。今回のスタッフの多くは大学生です。私やマスタ
ーと違い、キャンプを生業の一つとしているわけでは
ありません。プロでは無いわけですが、彼らの思いは
間違いくプロです。でなけれは2週間、この活動は乗
り越えられないでしょう。
ジンベイのブログでは子どもの活動全般をお伝えしま
す。
きむブログは子どもの達の心の動きや、スタッフの活
躍、苦悩をリアルにお伝えします。
最後に、
子どもの活動のベース(休憩場所)となる焼肉ハウス
の映像です。雪ですっかり覆われています。過去、最
高の積雪です。

焼肉ハウスから外に出るときは2Mの雪の階段を上り
ます。

さあ、まもなく子ども達が到着します!
きむ

過去の特集・お知らせ

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン