2011年7月22日

スティーブ夫妻その翌日。

カッコウの声で目を覚ます。

現在5時20分、鶯の鳴き声も聞こえる。

窓から見下ろす高原はうっすらと霧に包まれ静まり返っている。


くずまき高原牧場の朝

静寂さをやぶるのは車の音ではない「鳥の囀り」なのです。
一度鳴き始めると、辺りの鳥たちも呼応して鳴きだす。

ここは日常とは違う環境なんですね。

まずは朝ぶろにつかりリラックス。
書き物を整理して本日の朝食は7:30からいただく。

朝食は二人で和食をオーダーしておきました。

くずまき高原牧場の朝の和食

山菜の煮つけ、ウインナーと野菜サラダ、厚焼き卵、香の物、納豆、海苔
味噌汁(ウルイとささげ豆 )

ご飯・くずまき高原牛乳・くずまき高原飲むヨーグルト・お茶
取れたてキュウリの一夜漬けは特別に添えていただきました。

旅先では、いつも食べている量以上に食べてしまうのはなぜでしょう?
環境が変わると食欲も増す?

ご馳走様でした。 ( ^^) _旦~~

朝食も終わり9時過ぎに採草地と牧草地の狭間にある東屋の展望台へ移動。
「風の丘展望台」は屋根がないけどこちらは屋根もあるしテーブルもある。

くずまき高原牧場東屋からプラトーを望む

くずまき高原牧場の360度パノラマを背景にお茶タイムも出来るし、ピクニック気分にもなれてしまう。
足の不自由な方でもそばまで車で行けるのがいいと思う。

次回は「風の丘展望台」も制覇しようと思います。
(制覇なんてそんな、おおごとでもないです。簡単に行けるそうです。)

くずまき高原牧場の羊

サフォーク種というイギリスが原産で「美味しい羊肉」を獲るために改良されたものです。

くずまき高原牧場では昭和62年1月栃木県にある皇室の食品を生産している「宮内庁御
料牧場」より払い下げを受けて以来増頭に努め「くずまき高原牧場」で育てた羊です。

くずまき高原牧場の羊

2頭の優秀な種雄羊が大切に管理され繁殖の力となっているといいます。
ここで提供されるジンギスカンは限られた数しか生産できない貴重な肉であり「幻のくずまき高原産のジンギスカン」となります。

くずまき高原牧場の羊たちは牧場内の牧草をふんだんに与えられ大切に育てるそうです。

牧場内の牧草ですので、自信を持って安全・安心なお肉を提供できるといいます。

ジンギスカンとは

羊の肉を焼いて食べる料理。

みんな知っているし~食べているよ~。

でも読んで頂戴ね~。
これも牧場スタッフの受け売りなんですけど v(^^)v

羊肉は成長段階でラムとマトンに分けられます。
生後2年以内の子羊の肉はラム、それよりも年をとった羊の肉はマトンと呼ばれそうです。

マトン肉は香りが強くて苦手とする方もおいでの様ですが「その臭みが良い」という人も。

ラム肉はやわらかく、くせがない肉として人気があります。

くずまき高原牧場のジンギスカンはラム肉を使用しています。

それも年間500キログラムの限定生産。
美味しくて買い求め様としても販売はしていないんですよ ^_^;
と「幻のくずまき高原産のジンギスカン」は「くずまき高原牧場」でしか食べられないんです。

これは行って食べるしかない「幻の食材」なんですよ !!

今回は美味しいジンギスカンをいただくことができてよかったですね~。

「ジンギスカンまつり」は2011年7月16日(土)~7月31日(日)の16日間限定で開催している様ですので、気になる皆様は是非チェックしてください。

幻のくずまき高原牧場産ジンギスカンセット(ごはん・焼き野菜・牛乳付き)

(大人 1,500円、小学生 1,350円、幼児 750円)

ラム肉の特徴

これも牧場スタッフからの受け売りですが (^_^;)

他の食品より多くのカルニチンが含まれていて、適度な運動を行うと体内の脂肪燃焼を助ける!
食べても身体の中で溶けにくく、吸収されにくい、という特徴を持っている!
コレステロール値を下げて、動脈硬化や血栓ができるのを防いでくれる「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれている!
「低コレステロール」しかも「不飽和脂肪酸」によりコレステロール値を下げる助けにもなる!

健康を気遣う人にも是非おすすめしたいお肉なんですって。

お食事された方限定で

牧場内ラベンダー畑で「イングリッシュラベンダー」の無料摘みとりができます。

「イングリッシュラベンダー」はシソ科ラバンデュラ属のハーブ。
紫色の美しい花穂に銀色の葉。

高貴ななかにも甘い芳香を全草に秘めた「香りの庭の女王」として多くの人たちに愛されている様です。

原産地は地中海沿岸地方で、古くから薬用や香料用、浴用などに利用されてきました。

このイングリッシュラベンダーを積んで来ました。
日陰で乾燥させ甘い芳香を楽しみたいとマムは言う。

マムと二人で蜜を吸うハチを邪魔しない様に、コップいっぱい二人分積むことが出来ました。

もちろん食事をしたので無料です。

くずまき高原牧場のラベンダー

帰りには売店でお土産に

「さけるチーズ」×5個 (@300円)
「黄のプリン」×4個 (@250円)
「白のプリン」×4個 (@250円)
「くずまきワイン入り焼き肉のタレ」×1本 (@350円)

を買い求めてきました。

求める旅は発見があり、楽しみもある。
参考にしたとしても、ありきたりの説明書によらない、自分の視点で旅を楽しむことが思い出を創る一つの方法ではないでしょうか? (*^^)v

今回の旅は、宿泊費4,100円+ジンギスカン焼き肉セット1,400円+朝食1,260円

一人あたり6,760円×2人=13,520円でした。
それと自分たちへのお土産が3,850円 総額17,370

次回は体験付き宿泊プランを経験してみま~す。

3月11日に発生しました未曾有の震災。
沿岸地区はもとより、くずまき高原牧場でも影響は大きかったと聞きます。
被災地支援活動にも積極的に取り組まれている様ですし、内陸部の元気が沿岸部の元気につながる様に応援して行きたいですね。 <(_ _)>

コメントはありません。  ⇒コメントする

コメント内容 (必須)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。