ホームシック

印刷画面を開きます 印刷

スノーワンダーランドが始まってちょうど半分の今日、2週間の期間中、一度だけ親と会えることができるのですが、生活に慣れてきた子ども達でも下の学年の子ども達はホームシックになってしまう子どももいます。
今日も参加者の中で親とのお別れの時にホームシックにかかってしまった子どもがいました。
2班のガルスXと3班のカナタでした。
別れの際には涙を流し、帰りたいと話していました。
そんな二人も班で活動してイグルーづくりの事を考え始めると寂しかった気持ちもどこかへいったのか笑顔が見え始めて夜にはすっかり元気になっていました。






子どもが辛いことは親も辛いと思います。しかし子どもはいざ自分1人になると泣いていても何も変わらない、そう感じると泣きやみ、これからどうしたら良いのか、自分で判断して行動を始めます。
このホームシックは子どもの弱さから起きるかもしれませんが、この経験が子どもをより強くしてくれるものだと思います。
今回の経験を糧に、また次回、参加してくれた時はホームシックにかからないより強くなった子ども達にまた会いたいと思います。
                             カメ

過去の特集・お知らせ

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン