RAC&CONE研修会二日目

印刷画面を開きます 印刷

リスクマネジメント
今日はRAC&CONE研修会二日目。
まず、午前中に行われたのがリスクマネジメントという本プログラムでは、
欠かすことのできない安全管理についてです。写真は、現場をたくさん知
っている塚原さんが熱弁しているところ。午前中は講義を中心に、実際の事例をもとにどんなことに注意すべきか、現場の危険をいかに子どもたちに
伝え、気づかせていくかを丁寧に教えてもらいました。楽しいの隣には危険が常にともなうとともに、事前準備、それに臨む心意気、当日のイメージが
非常に重要だと感じました。
午後は、実際の川へ行ってロープを使った救助訓練をしました。上流から
人が流れてきた時に、川岸の人はとっさの判断で腰に付けているロープを
相手の顔めがけて投げなければなりません。
ところが!!足場のしっかりしている地上から投げているのになかなか相手に届かないんです。流されている人から1mも離れればつかめずに下流へと
どんどん流されていきます。いくら、ドライスーツと救命胴衣を着用してい
て沈まないとは言え、やはり流されている方は(いつロープが来るんだ〜!?)と不安になります。(写真2枚目が現地下見・3枚目が救命胴衣の説明とロープの説明をしているところ・4枚目がドライスーツを着た姿です)
その後は、ラフティングボートを使って川下りの下見をしました。
さすがにボートにカメラを持ち込むことはできなかったのですが、
「景色は最高!」
水面とほぼ変わらない視点から見上げる山々と空は、本当に本当に美しい
ものでした。
美しい景色を観たければ、多少のリスクが生じる。けれど、リスク以上に
やはり自然は美しい。だからこそ、それを怪我につなげないようにするのが
我々の役目なのだと、大自然たちから教わったすてきな一日になりました♪
牧場スタッフ:吉田チャボ

過去の特集・お知らせ

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン