晴れ間の牧場

印刷画面を開きます 印刷

0912012
天気があまりにも良かったのでキャンプ場へ行って来ました。
木々のなが〜い影と日差しがドドーンと迎えてくれました。0912011
こちらは、牧草地。
雪が降ったり、溶けたりのこの時期。いい天気の中でちょっと冷たい
冬の風に揺れるすすきがなんだか良かったです。
出張で愛知県まで行ってきました。
自然の中で保育をするという「森のようちえん」という動きが最近日本の
あちこちで始まっているんです。発祥はデンマーク、現在はドイツでその
広がりをみせています。そのフォーラムに参加してきたのですが、熱い大
人たちがたくさんいました。
たとえば、自然と子どもが関わるなんてあたりまえだ!と批判される中で、
現代を見据えて「絶対に大切なことは曲げない」と、30年前から森のよう
ちえんを続けられている方がいました。
日本で広まりをみせているのはここ数年ですから、その本気の度合いが伝
わるかと思います。
人間の宝物は子どもたちだと思います。
成長の早い小さな時期に、いかに本物の体験をさせられるかがポイントだと
思います。
立派じゃなくてもいいから、楽しく夢を追いかける、そんな大人の背中を
子どもたちには見せてあげたいですね。
ということで、まじめに書きました。
明日も楽しみにしていてくださいね〜♪
スタッフ:吉田チャボ

過去の特集・お知らせ

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン