牛に感謝する日

印刷画面を開きます 印刷

3日目の午後は牛のお世話。テント村から歩いて20分ほどの牛舎に向かい、生後4ヶ月令の仔牛のえさやりをしました。広大な牧場にはおよそ2000頭の牛が生活をしています。その一部の牛から私たちは牛乳とお肉を頂いています。牛乳は新しい命が誕生し作られる飲み物、牛肉は尊い命が失われ初めて作られる食べ物。当たり前のようでなかなか知られていない事実です。子どもたちの目に牛はどう映ったのでしょうか。





きむ

過去の特集・お知らせ

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン