最近の特集・お知らせ一覧

スターワンダーランド2日目?

キャンプ2日めの午後はアニマルトラッキングに挑戦。ここ最近の春の陽気で通りに雪は残っていないものの、森の中はまだまだ深く雪が残っています。子どもたちはそんな雪の残る森の中に、スノーシューを履いて出かけます。目的は、牧場に潜む野生動物の痕跡を見つけること。例えば、テンやうさぎ、きつねなどの足跡。時には糞が見つかることも。また、春になると森の木々が一斉に地中の水を吸い上げます。その時期を見計らい、カエデやシラカバの木から樹液を採取し春の訪れを確認してきます。
さあ、カメの説明をうけスノーシューツアーへ出発です!

晴天の中、森の木々の隙間からに降り注ぐ太陽の暖かな光を受け、ずんずん森の奥へ進みます。今日は最高のスノーシュー日和です!

おや、何かを見つけたのでしょうか?

シラカバの樹液を採取します。


シラカバの樹液はほのかに甘く美味。森で味わう樹液コーヒーは格別ですよ。
きむ

→ 続きを読む

スターワンダーランド2013 2日目の様子?

くずまき高原牧場内にある風の丘展望台の山頂付近にそびえる高さ約3mの巨大な雪の壁。ここで、勇気ある、いや無謀な子どもたちの豪快なパフォーマンス大会が開催されました!息を呑む高さに最初はジャンプをためらう子も。しかし、そこは勇気を振り絞って、
ジャンプ!!
この華麗なパフォーマンスをご覧下さい!(安全を確認の上、実施しています)
「いかちゃん」

「やまとも」

「たかひろ」

「るい」(スタッフ)

素晴らしい演技です。観客も大満足。

*キャンプ期間中に撮影した写真は、活動終了後に参加者のみなさまに全てお送り致します(DVDROM)。
きむ

→ 続きを読む

スターワンダーランド2013 2日目の様子?

昨日、くずまき高原牧場に到着した子どもたち。今日は朝から楽しみにしていることが。それは『ダイナミックそりすべり!』。何がダイナミックかといいますと、傾斜平均30°・長さ200m超・幅200m超、極めつけは、部分的に雪が溶け表面に出た牧草の上に・・・冬越しした牛の糞!これはダイナミックではなく、もはやデンジャラスそりすべり。早速、プログラムディレクターの『カメ』からそりすべりの説明。子どもたちのテンションも↑↑↑。説明が終わるやいなや広大な雪原の山を勢いよく登ります。

あとは滑り降りるだけ!

こちらはデカそりの連結滑り!これがとにかく速い!

牛糞ゾーンの手前で見事にストップ!

こちらは、トラクターのタイヤチューブ連結滑り!プラそりにはないやわからさが特徴。まるで高級車のシートの様。

子どもたちのパッションを十分に引き出す自然(雪)はやっぱりすごい!
きむ

→ 続きを読む

スターワンダーランド2013 1日目の様子?

1日目の夕食は、くずまき高原ビーフカレー。牛肉は当然、くずまき高原産。これからお肉となる牛がすぐ近くにいることも知らず、子どもたちはパクパク食欲旺盛。よし、最終日に牛に会いに行こう笑。


夕食のあとは入浴。入浴の様子は知る由もなく、風の噂では男の子のお風呂がプールに・・・。いや、今日はブログに載せないでおこう・・・。今夜、この目で確かめてから記事にしよう笑。
就寝前は毎日の振り返り日記に、楽しかったこと、失敗したこと、気づいたこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、体調のことを記入します。自分と向き合う静かな時間です。その日記には、毎晩、カウンセラーのお兄さんお姉さんが一言コメントを添えてくれます。これが嬉しいようです。

きむ

→ 続きを読む

スターワンダーランド2013 1日目の様子?

入村式が終わると、いよいよ今日から生活するコテージへ移動。子どもたちは3班に分かれ、班ごとに1棟のコテージが与えられます。コテージは吹き抜けの2階建て。葛巻町産のカラマツがふんだんに使用された北欧風の建物です。まずは、自分の荷物を確認し、夜の布団の敷き方について話し合いをします。1班は、2階に男女全員でなることに。2班は1階に男子、2階に女子。翌日はその逆。最終日はみんな一緒とのこと。3班は1階に男子、2階に女子。毎年、この布団の位置で必ずもめるのですが、今年はすんなり。拍子抜け笑。
夕食前に何やら丘の上で話し合い?

と、思いきや『おにごっこ』の始まり!

外の気温は−3℃。そんな寒さもなんのその、遊びの時は別問題!と言わんばかりに、澄み切った寒空の下、夕刻の高原に子どもたちの元気な歓声が響き渡ります。

きむは芝生で転んでパンツびしょ濡れ・・・。だから雪はきら・・・好きだ。
きむ

→ 続きを読む

スターワンダー2013  1日目の様子

おはようございます。キャンプ2日目の朝を迎えました。今日は無風快晴!5時の時点では放射冷却の影響で気温は−10℃。今は暖かい日差しが子どもたちを包んでいます。今日は暖かく穏やかな一日になりそうです。
さて、参加者の保護者のみなさまは、特にも初めてキャンプに送り出し頂いたご家族のみなさまは不安な一夜を過ごされたのではないでしょうか。ご飯はしっかり食べれているのかな・・・お風呂で体をしっかり洗えているかな・・・洋服の着替えはできるかな・・・夜ホームシックで泣きはしてないだろうか・・・など。しかし、子どもたちとっては、親元を離れることによって普段できないこと、またはやろうとしてこなかったことに挑戦することに意味があります。できなくていいんです。やろうとチャレンジすることが大事です。その際、スタッフが一挙手一投足丁寧に教えることは簡単ですが、それでは学びになかなか繋がりません。究極は自発的にチャレンジすること(周りの大人や子どもたちを模倣すること)が重要です、そのために、班編成を男女混合・異年齢にしています。
幼児期・少年期のの『模倣行為』は子どもたちが潜在的に持っている優れた能力です。それをこの時期に十二分に引き出してあげます。では、昨日の子どもたちの様子を少しご紹介します。
まずは入村式。くずまき高原のワンダーランドキャンプの常連さんもいれば、初めて参加するお友達もいます。みな最初は緊張の面持ち。それでもこんな質問から経験者と初めてチャレンジする子どもたちの感覚の違いに気づきます。『3泊4日のキャンプは長いと感じるか、短く感じるか?』初めて参加する子どもたちにとては『長い!』とのこと。当然ですよね。学校でさえ今は、2泊3日の修学旅行がせいぜい。それが、3泊4日なわけであり、且つ見ず知らずの人ばかり。不安になって当然です。ところが、経験者は『短い!』この理由は、くずまき高原のワンダーランドには13泊14日という長期子どもキャンプが存在し、そのキャンプを修了しているからですね。同じ情報(質問)を与えても、感性(経験)が異なることで、出てくる答え(感情)が変わってきます。キャンプのみならず、子どもの自発的活動はまさに、この感性を育む機会です。

当然、自己紹介は上級生から。それのやり方をインプットした下級生は、今度はしっかりとアウトプット。この自己紹介という些細なイベントもインプットとアウトプットの繰り返し訓練が仕組まれています。

それにしても、さすが上級生のかん。みんなの手本として立派でした。
入村式のあとは、名札作り。ワンダーランドの名札は毎回『木の札』。今回はエンジュを使いました。このエンジュという木はとても硬く香りの強いことと、木目が美しいのが特徴。早速子どもたちに香りを嗅いでもらうと一同『くっせ〜!!』。しかし・・・この1分後にもう一度香りを嗅ぐと、8割の子が『あれ?いい匂い』。この反応、面白いですよね笑。一度は臭い!と感じた木の香りが、1分後には『いい香り』に変化する。香りが1分足らずで不快から快に変わる香りがこの世に存在すると思いますか?これはまさに、先ほど説明した感性の変化です。不快は時に、心のあり方によって快に変わります。例えば雪は冷たくて嫌いだと思い家に閉じこもる人と、雪は楽しいから大好きだという人。これも心のあり方の違いがそうさせているのです。同じ雪なら、好きになりたいですよね。と、たった一枚の木の札から教科書からでは決してい体感できない『心の変化による香りの変化』を体験しました。自然はまさに生の教科書です。


ちなみに、子どもたちと木札の樹齢を調べると18年〜23年と判明。これも学習です。
きむ

→ 続きを読む

スターワンダーランド2013 バス乗車組 全員無事に到着!

今年度のスターワンダーランドは、青森、東京、宮城など県外からも多数参加頂いています。今、全員無事にくずまき高原に到着しましたので、保護者のみなさま、ご安心ください。これからいよいよ入村式です。

→ 続きを読む

スターワンダーランド2013 いよいよスタート!

みなさんこんにちは。全国的に、足早な春の到来に心躍らせている今日この頃。ここくずまき高原牧場の今朝の気温は、−5℃。これを一般世間で春の到来と表現するかは別にして、12月から2月の厳冬期を過ごしてきた私たちにとっては春です。それは何気ない日差しからも冬とは違う強さを感じたり、雪解けのあとにひょっこりと顔を出すフキノトウを見つけたりと。この何気なくも小さな春を感じさせる発見の積み重ねこそ、少年期を過ごす子どもたちにとって豊かな感受性を育む機会と信じています。
そんな思いをもって、主催しているくずまき高原牧場年4回の『ワンダーランドキャンプ』の春編が、スターワンダーランドです。スターワンダーランドの狙いはまさに、季節の移ろいを肌で感じたり、それを分析したり、分析するための道具を自分で作ったり。それはまるで小さな科学者です。自然界には私たちの知的好奇心をくすぐる現象がたくさん存在します。それに気づくか気づかないかは、私たちの感性によるものです。スターワンダーランドでは、この感性という定数を育てることを目的とし、今日から30名の子ども達と3泊4日のキャンプに挑戦します。
入村式まであと1時間。到着が待ち遠しいです。
きむ

→ 続きを読む

退村式?

スタッフからの言葉が終わるとみんなで輪を作り1人ずつ握手をしてお別れです。


2週間ともにすごした仲間との別れはとても辛く、こんな短い期間でもしっかりと絆ができているのだと思わされました。

最後はスノーシアターで集合写真。
そしていよいよお別れ。


バスで帰る仲間を走って追いかけてギリギリまで見送りをしました。
まずは2週間、更新の遅いブログにつき合っていただきありがとうございます。
最後の2日分はすぐに更新できなかった事をお詫び申し上げます。
今回のワンダーを成功できたのも勇気を持って子どもを送ってくれた、保護者の方あってのものだと思います。
また、今後ともワンダーだけでなく牧場に遊びに来てくださることをお待ちしております。
それでは、2週間本当にありがとうございました。
カメ

→ 続きを読む

退村式?

次はいよいよスタッフからのお別れの言葉です。



一番近くにいたカウンセラーからの言葉には子ども達も涙を流しながら聞いていました。
そして、カウンセラーへ子ども達からのサプライズのプレゼントもあり、カウンセラーも涙を流してのお別れの言葉を伝えました。

→ 続きを読む

過去の特集・お知らせ

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン