カテゴリ“スノー・ワンダー・ランド”の特集・お知らせ一覧

元気と食欲とパワフルだけが取り柄!メンズカウンセラーの振り返り

一生懸命に関わった男性カウンセラーの振り返りもご覧ください。
カウンセラーチャボ
<<1班カウンセラーチャボが振り返るスノーワンダーランド>>
16日
外の光がブロックの隙間を透明に輝かせる朝。下から見上げる神秘的なイグルーと、子どもたちのあの元気な笑顔。最高の瞬間です。イグルーでの朝は寒い・・・はずなのに、どうしてこの班は朝からこんなに元気なんだ!!というほど、子ども達が元気だったのを覚えています。相変わらずメンズ班はメンズ班でした。
話は夜の話に急に飛びますが、キャンプファイヤーの後に、自分たちの作ったイグルーで最後の振り返りをしました。四方と真ん中にろうそくを灯し、それを囲んで全員で座りました。イグルーに反射したろうそくの灯りが子ども達の表情を照らしていました。私は、この時間が一番感動しました。男だらけのどうしようもないワルふざけの多い班でしたが、その分、それぞれ仲間に対しての想いも人一倍大きかったのでしょう。一人一人のコメントの中に、必ずこの班のメンバーへのメッセージが込められていました。全員と握手をしてからイグルーを出るときの何とも言えない表情が、また、寂しくさせました。
17日
とうとう最終日。雑魚寝が大好きな1班は、雑魚寝からの朝を迎えました。この日の朝日がまぁ綺麗だったこと!!子ども達の感性はやはり、素晴らしい。布団を片づけながら朝日の美しさになんども「おおっ、すげーっ」と感動していました。
退村式の様子は、他のカウンセラーが書いている通りです。
自分の振り返り
あっと言う間という言葉が似合うほど、あっと言う間の2週間でした。メンズだけの班はおもしろいけど大変!という言葉が本当に似合う班でした。また、他のキャンプでメンズだけ班が出来たらカウンセラーをしたいかと言われれば、う〜ん・・・となるかもしれませんが、このメンバーだったらまたやりたいなと素直に思う子ども達でした。
沢山悩んで悩んで悩みまくったキャンプで、たくさんの課題が自分自身残りましたが、こどもたちは「また、チャボの班がいい」と言ってくれました。そんなありがたい言葉に応えられるように、もっともっと実践を積みたいと思います。
こんな貴重な時間を過ごさせてくれた子ども達と、スタッフと、支えてくれた全ての方々に本当に感謝しています。
ありがとうございました。
カウンセラーおか
<<2班カウンセラーおかが振り返るスノーワンダーランド>>
おかは自転車で日本一周中なので、コメントはいつになるか分かりません〜!! byチャボ
カウンセラー大将
<<3班カウンセラー大将が振り返るスノーワンダーランド>>
・16日の様子
今日の午前中は夜にある雪上キャンプファイアーの舞台になるスノーシアターをみんなで作った。「劇場を作る?」子どもたちはドキドキしながらブロックを運んでいる。「イグルー作るときより元気じゃないか?」と疑問を持ちながらも活発に動く子どもたちを見て嬉しくなった。午後はスノーシアターでの出し物を決めている。3班は二週間の出来事を劇にした。笑いを交えたその発表の中には残された時間が少ないことへの寂しさと残された時間を大切にしたい思いが込められていたように感じられる。シアターから退場し自分たちが作ったイグルーで振り返りをする。あの時のみんなの涙をずっと忘れない。今日の夜は班全員で寝ることにした。ミーティングを終えて帰るとみんな気持ちよさそうに寝ていた。この寝顔を明日から見れないと思うと寂しい。
・17日の様子
朝起きると晴天。やまちゃんがすかさずカメラで朝日を撮っている。ついにきた「旅立ちの日」荷物整理をして二週間お世話になったコテージを片付け。「みんなで使ったんだからみんなで掃除しよう」みかちーの掛け声でみんなが動き出す。無事に片付けも終わりプラトーへ。二週間の自分自身との振り返り。今まででこんなに真剣に振り返りをしている子どもたちを見たことはない。誰一人口を開かず、ただひたすら自分自身と向き合ってる。このワンダーの最後の目標「自分」と向き合う時間だ。一時間くらい振り返り、さよならパーティーへ。相変わらず食欲は旺盛だ。
そして最後のプログラム。退村式ではひとりずつ修了証が手渡された。この時ほど「時間よ止まれ」と強く感じた時はない。そして旅立ちプラトーを後にする子どもたちがとても大きく見えた。
2週間のという長いようで短い日々を18人の子どもたちと過ごし、今思うことは、子どもの力はホントに無限大なんだなぁということです。そこに目的があり、目指すものがあると子どもたちはどんどん進んでいきます。私たちもそんな気持ちをもっと前面に出していけたらいいなぁって思います。二週間子どもたちと全力で向き合うってすごく大変。悩むこともたくさんある。でも悩むことは生きているってこと。それを身を持って感じられる二週間でした。自分の夢が少し見えた気がします。今回のカウンセラーやスタッフのような人たちがもっと?増えていったらこんなにも素晴らしい体験ができる子どもが増える。だから僕はそんな人を育てたい。自分もまだまだ力不足。そんなの分かってるでも、前に進まなきゃ。そう思わせてくれたのはこの子たち。感謝してます。二週間一緒頑張ったスタッフのみんな、支えてくれた関係者の方々、このブログを読んでくれたみなさん、そして18人の子どもたち…本当にありがとう。

→ 続きを読む

優しさが何よりの武器!女性カウンセラーの振り返り☆

一生懸命に関わった女性カウンセラーの振り返りをご覧ください。
カウンセラークッキー(真ん中)
<<1班カウンセラークッキーが振り返るスノーワンダーランド>>
☆16日
最終日の前日だったけど子供達はそんなことを気にする様子もなくとても元気にはしゃいでいました。スノーシアターの準備では、カウンセラーが一緒に居る必要もなく、スラスラといろんなことが決まっていたようです。下見でどんなことをやるのか見せてもらったときはなにも言うことが出来ないくらいの完成度にビックリしました。本番では、少し噛みながらも自分達で考えたスタンツをしっかりとしていたし、子供達自身、自分の気持ちがこもったスタンツが出来てよかったのではないかと思います。
☆17日最終日だったけども、やはりメンズ班はとても元気で、スタッフのほうがとても励まされていました。立食パーティーでは、いろんな班の子と交流を交わしたりしていてとても楽しそうでした。退村式では、泣いている子も居てそれほど想いが深い二週間だったのではないかと思います。最後に帰るまえ、握手サークルで『ありがとう』や『楽しかったよ』などと言ってくれて自分自身が本当に励まされました。 『最高の班にしたい』と言ってくれた日から今まで、全てのことに全力で取り組んでいた子供達。ぶつかり合うこともあったと思うし、子供達自身がそれぞれ悩むこともあったと思います。だけど、全てのことが「嫌な思い出」としてではなく、「良い思い出」として心に残ってくれたら嬉しいし、お父さんやお母さんに『こんなことがあったけど俺は本気で頑張ったよ』と、自慢でたらいいなと思います。
☆自分自身の振り返り 今回のスノーワンダーは、本当に長い長い二週間でした。目標がまったく定まっていなかったのでホームステイまでの間はなにもわからない状態で生活していました。ですが、同じ班のカウンセラーに『2週間後どうゆう班にしたいのか』と聞かれたとき、心のつながり・仲間の大事さを伝えたいと思ってから、少しずつではありましたが子供達と一緒に本気で楽しんだり本気で悩みながら最高の班を作り上げていく事が出来たと思います。正直、みんな自分より年上で人生経験も多い人たちのなか、17歳になったばっかりの自分になにが出来るのか本当にすごく悩んだし、自分が今なにを求められていてなにをしなきゃいけないのか、自分の行動は子供のためになっているのかなどまだまだわからないことでいっぱいでした。ですが、17歳の自分だからこそ、子供と一番近い目線だからこそできることを、毎日考えながら少しずつ成長していけたと思います。2週間という長い期間、子供を預けてくださった保護者の方には、本当に感謝しています。たくさんの人がいる中で、この仲間に出会えたことは奇跡だと思います。この出会いを一度きりにせず、これからも仲間・心のつながりを大事にしていきたいし、子供達にとって心に残るカウンセラーになれていたら嬉しいです。2週間本当にありがとうございました。
カウンセラーお松
<<2班カウンセラーお松が振り返るスノーワンダーランド>>
16日の様子
午前中のシアター作りでは、今までは班での協力だったのが参加者全員での協力に変わり、他の班の子と一緒にブロックを運んだりする姿が見られてとても嬉しく感じました。午後のスタンツ決めでは、なにより子供たちが活き活きしていたのが印象に残っていて、時々様子を見に行くだけだったのにカウンセラーが口を出さなくてもいい程の完成度でびっくりしました!!雪上キャンプファイヤー(スノーシアター)の発表では、お互いにフォローしあいながら、楽しそうにみんなが発表していたので私自身すごく嬉しかったし、子供たちにとっても自分たちで作り出してそれを発表するというのは良い機会になったのではないでしょうか。イグルーの中での振り返りも、いつもと同様みんな笑顔で、ほんわかとした二班らしい振り返りでした☆
17日の様子
朝から片付けということで、ちょこちょこお松とオカに注意されながらも、みんなで分担しながら部屋をキレイにしていました。二週間の各自の振り返りではみんな思い思いのことを書いてくれて読んだときに思わず泣きそうになりました。みんなでの立食パーティーでは班員やスタッフ関係なくみんなが食事を楽しんでいたという印象が大きく、これが最後とは思えないくらいみんな笑顔にあふれていました。退村式ではマロンが読んだ文章が胸にジーンときて、自分がしゃべる頃には号泣していました。泣いている私をみて「やっぱり泣いたし-。」って言ってくる二班の子供たちは本当にかわいかったです。二週間通して思ったのは、二班の子供たちは”今”という時間を精一杯楽しんでるなということです。その心からの楽しいっていう気持ちは忘れてはいけないものだなと思います。ぶつかったり、楽しんだり、辛かったり、悲しかったり、そんな仲間にしかわからない”絆”が子どもたちの間に生まれたのではないでしょうか。
自分の振り返り
一言でいうと本当に学びばかりでした。自分の力のなさに気づき、どうしたらいいのかわからないこともよくありました。でも子どもたちの笑顔にはげまされ、オカやほかの班のカウンセラー、スタッフのみなさんに支えられ二週間過ごせたのだと思います。私はまだまだ力不足で今回のキャンプで学ぶことが沢山ありました。学ぶだけじゃ終わらせません。この学んだことを実践して自分のものとして体得しないとこの学びに意味はないと私は思います。だからもっといろんな場所でこのような活動をして、今度ワンダーに参加するときにはもっと子どもたちに熱く想いを伝えられて、引き出しを沢山もっていて、今までとは一味違うお松になっていたいと思っています。そしてできたら痩せてスマートになっていたいです☆
私は今釧路に帰る途中で、あと少しで青函トンネルを通ります(1月19日お昼頃)。釧路に着いたらワンダーでの沢山の思い出や気づきや学びを、仲間たちと共有したいと思います。二週間本当いろいろありました。本当に本当にありがとうございました。また会える日を楽しみにしています!!
カウンセラー みーちゃん
<<3班カウンセラーみーちゃんが振り返るスノーワンダーランド>>
16日
今日はワンダー最後の夜。二週間もあると思っていたワンダーもあっという間に終わりを迎えようとしている。
今日の子ども達は夜のスノーシアターに向けた準備に追われていました。
午前中はスノーシアターの制作、午後は各班のスタンツの準備でした。
午後のスタンツの準備に関しては私達カウンセラーは何も口出しをしていなかったため、どんな発表になるのか楽しみにしていました。
そしてスノーシアター本番。私たち3班の子ども達はワンダーでの出来事を劇にまとめたようでした。笑いのある劇でとても楽しませてもらいました。
劇も終わり良かったなぁと思っていると、いきなり子ども達からサプライズで手紙のプレゼントが!
予想もしていなかったので驚きと嬉しさと感動でついつい涙が。
その後は自分達のイグルーに戻り最後の振り返り。
ついにワンダーも終わってしまうんだなあと思うと、思い出が一度によみがえり寂しさでいっぱいになったのか、子どもの目からも涙が。
ワンダー中子ども達にもたくさん思うことがあったのだなぁと感じました。
スノーシワンダーも残すところあと一日。
最後まで全力で子ども達に向かって行きたいとおもいます!!
17日
今日はついに来てしまったスノーワンダー最後の日。最後の朝なのに私達3班はみんなそろって寝坊(笑)
午前の荷物整理の時間も嵐のように過ぎ去って行きました。
気づけばもう退村式。別れの時間が刻一刻と迫っていました。
終了証書を受け取る子ども達の立派な後ろ姿をみて二週間の成長を感じました。
カウンセラーからの最後の一言の時、溢れ出す思いを止められずに号泣してしまいました。
カウンセラーの言葉を聞き子ども達も涙を流していました。
みんなが仲間たちと離れたくない、そう思っていることを心から感じました。
子ども達にはこのスノーワンダーランドで学んだ『自然』『仲間』『自分』をずっと大切にしていってもらいたいです。
私はスノーワンダーランドでのカウンセラーは初めてでした。
緊張や不安がたくさんありましたが、それを全て吹き飛ばしてくれたのが子ども達の笑顔でした。
毎日成長していく子ども達の姿を目の当たりにすることで、自分も負けていられない頑張ろうと思うことが出来ました。
うまくいかずに悩む毎日の連続で辛いと思ったこともあったけれど、それ以上に毎日が発見の連続で実り多い二週間でした。
この二週間で自分自身ひとまわりりもふたまわりも成長できた気がします。
そんな二週間を与えてくれた仲間達が大好きです。
みんなに出会えて良かった。本当にありがとう。
最後に、ワンダーに関わった全ての皆様に心より感謝申し上げます。
またみんなに会える日を楽しみに待っています。
全ての人にたくさんのありがとうを…。

→ 続きを読む

キムがみた「子どもの風景」

 18人の子ども達が葛巻を去り2日目の朝を迎えています。子どもはいない、でも子ども達が刻んだ思いはイグルーという形として残っています。しかし、家主を失ったイグルーは季節の移ろいという自然の摂理に身を任せ、日々その姿形を変えて、いずれは水となり大地を潤します。水を含んだ春の大地には野芝が逞しく背伸びをし、春の訪れを密かに演出してくれます。子ども達の思いが巡り巡って春を手招きしたのだろうかと思うと、寂しさも少しは和らぐ気がします。
 
 子ども達が去ったあと、数日は落ち着いてキャンプの振り返りを行います。その間、毎回自問自答を繰り返します。「スノーワンダーランドを通じて子ども達に伝えたかったことはなんだろう」と。言葉で説明することは簡単です。しかし、説明した後に何か説明に物足りなさを感じるのです。心の奥底で感じているその何かを上手く表現できていない気になるのです。それは私の表現力の無さかもしれません。
 
 そんな時、私はいつも子ども達が見た風景を回想し、自分の少年時代の自然体験を通じて感じた様々な思いとリンクさせます。たとえば、雪中泊の朝、子ども達が起床しイグルーから出るその瞬間の映像を。



 この風景に子ども達は何を見たのだろう。スノーワンダーランドは小学校1年生から中学校2年生の18名が参加しました。見た風景は同じでも、身につけた言語数に差があるため、感動の表現にはもちろん大きな差が生まれます。しかし、どんなにボキャブラリーが豊富でも心では分かっているが説明できないことがたくさんあることに気がつきます。きっと、イグルーからみたこの風景にも、子ども達はそれぞれに生涯に残る感動を記憶していることでしょう。
 
 私の少年期の記憶を辿ると、子どもの頃の私は暗くなるまで野や小川で友人と遊びに熱中しました。特にも昆虫採集は最高に楽しく、夏になると近くの農業試験場(盛岡市厨川:東北農試)に通うのが日課でした。そこには無数のトノサマバッタが現れ、それは触れると背中がざらざらしていて、どこか青臭く、手のひらに乗せると脚力の強さに驚き、そんなトノサマバッタを夢中で追っているといつの間にかデントコーン畑の真ん中で出口の方向を見失い、脱出した頃には手足に無数の傷。つまり、トノサマバッタは見るだけのものではなくましてや図鑑で調べるようなものではなかったのです。まさに身体と五感を全て用いて知ることのできる自然界の教材であったことがいまだから理解できます。このように、かつての子ども達の生活体験は非常に豊かなものだったと感じています。そして、学習は豊かな体験を基盤に行われていたからこそ、私たちは普遍的な知識を学習するに際して、それと自分との位置関係を、多くの豊かな体験から計ることができたのでしょう。ともすると、今、私たちの身の回りには既成のモノやコトが溢れすぎて、創造するというごく当たり前の行為が習慣化されていないことに気がつきます。
 
 スノーワンダーランドのイグルーは、既成品ではありません。さらには活動全般が創造的な暮らしです。子ども達は2週間の生活を通じて仲間と対立し相互理解し創造するという現代の社会に欠落している大切なプロセスを経験する、そのことにスノーワンダーランドの意義があると信じています。
キム

→ 続きを読む

スノーワンダーランド2010無事終了しました


あさの様子。左に見えるイグルーから順番に2班、1班、3班。
二日間だけ泊まったイグルーの主たちは、17日の午後帰る。16日の夜に
行われたスノーシアターでの子どもの涙には、どんな感情があったのだろう。

これは、キャンプ中唯一立って食べることが許される立食パーティでの様子。最後のお昼ご飯です。子ども達は持参したカメラをパシャパシャしたり、友達と楽しい話をしたり、好きなスタッフのところから離れなかったり、それぞれの時間を過ごしていました。

退村式の様子。

そして、感動の別れ。
<子どもを送り出していただいた保護者の皆さま及び学校長先生へ>
2週間という長い長いキャンプも昨日無事に終えることが出来ました。
今回の特徴として、子ども達の怪我・病気が一人も出なかったことがあげられます。全員健康体で2週間を過ごすなんて、ワンダー始まって以来のことです。
ご家庭で我が子の帰りを待つお父さんお母さんの気持ちを察すると、非常に長く感じられた方もいらっしゃったのではないでしょうか。
昨日お別れしてからまる一日過ぎましたが、キャンプ前とキャンプ後で、子どもの変化はみられましたでしょうか?もしあれば一言ご記入いただければと思います。
また、子ども達のすぐ側にいたカウンセラー一人一人のコメントも後日更新する予定ですので、引き続きご覧いただければと思います。
お楽しみに〜!!

→ 続きを読む

スノーシアター各班の写真


1班の様子

2班の様子

3班の様子

→ 続きを読む

スノーワンダーランド スノーシアターの開催 1月16日

こんばんは。2週間のスノーワンダーランドも本日無事に幕を閉じることが出来ました。ご覧いただいた皆さまの応援や実際に関わっていただいたたくさんの方々のおかげだと本当に思っております。
特にもキャンプ中のスタッフ同士の関わりの中で、人を頼ることの大切さを私自身が感じたキャンプでしたので、本当にこうして無事に終えることができたことがとても嬉しく思います。本当に応援ありがとうございました。
今日は、昨日のスノーシアターの様子を掲載いたします。
この会場の作り方はイグルーの作り方と全く一緒です。切り出した雪を積み重ねていく。と、こうなります。見たい方は是非いらしてくださいね♪
こんな素敵な場所でこどもたちが考えた出し物をし、笑いと感動・涙の空間に包まれます。
2週間の思い出が、各班によって発表されました。

これは全体の様子。

これは、宇宙連合軍が大変な様子(笑)

こちらは、本物の雪の壁に映しだしたこれぞまさにスノーシアター。本当に綺麗でした。

こちらは各班のカウンセラーが手紙を読んでいるところ。
残り、1日。
最後の夜の振り返りは、各イグルーの中でやりました。子ども達はあふれ出てくる涙を押さえきれずに泣いていました。
感動して、泣く。
本物の経験。

→ 続きを読む

1月14日15日

2日ほど更新が遅くなりましたことをお許しください。
以下の文章は1月14日のものです。

1班 クッキー
今日はイグルー作り2日目で、子ども達も疲れていてあまり動けないのではないかと思っていました。設計の話し合いが長引き、作り出しが遅れてしまってカウンセー自身も本当に完成するのかと言うのが正直な感想だったのですが「1班の本気の力」を見せつけ1番で終わったことにビックリしています。特に印象に残っているのは、どの学年の子達もお互いに声を掛け合いながら協力して作り上げていく姿でした。特に意味のない言葉でもみんなで言えば気合いが入るし、「1班元気かー?」と言えば「いえーい」などというかけ声も子ども達のモチベーションを上げていったと思います。1.5mのイグルーも3,1mのイグルーも全員の気持ちがこもったものになりました。この体験で班のコミュニケーションが更に深まったと思っています。また、いつも時間設定をしても過ぎてしまっていたのですが今日は、子供達自身で時間を意識することができ、とても中身のある貴重な1日でした。残り少ない日数ですが子供もカウンセラーもみんなで力を合わせて頑張っていきたいと思います。

2班
今日の2班は朝ご飯の前からイグルー作りを始めました。子どもたちが自分たちで「朝ご飯の前からやりたい」と言ってくれたので、その想いに胸をうたれ、カウンセラーも本気でイグルー作りに望むことができました。正直に言って、今日中に完成出来るとは思っていませんでした。でも、子ども達が役割分担をして、自分たちから仕事を見つけて頑張ってくれたおかげで、直径3.2メートルと2.8メートルという今回のワンダーで一番大きいイグルーを完成される事が出来ました。あと中にはなんと、テーブルとイスがあるんです。きっとこれは10年のワンダー史上初めてではないでしょうか。そこでみんなで飲んだ紅茶はとっても美味しかったです☆子ども達も自分たちの作ったイグルーの出来に満足していたと思います。そして、今日は2班がめんこいテレビの取材をうけました。1月25日に放送されるそうです。みなさん是非是非ご覧になってください。

→ 続きを読む

1月13日

写真乗せられなくてすんません〜!イグルーが各班完成して興奮しているちゃぼです〜。
昨日のカウンセラーの報告です〜!!写真は後ほど更新いたします!!
1月13日 ブログ文
1班
 すごい!すごいすごい!!うちの男だけ班は、本当にすごい。他の班から半日も遅れをとってスタートしたイグルー作りでしたが、今日の姿は本当にびっくりさせられました。他の班と違って男だらけなので、常に力が有り余っているんです。その力を全てイグルー作りに出した一日でした。小さいの一つと大きいの5列までできましたよ〜!完成にはほど遠いけど、頑張ったイグルーを全員で改めてみました。一切言葉を話さずに見ました。みんなが、全員が、本当に、イグルーを作りたくて集まったんだなぁ〜!と本当に感動して涙が出そうな時間でした。あしたの完成に向け子ども達は一直線です。
2班
 今日の2班は、団結力が発揮された一日でした。今まで、自己主張が強かった班の子ども達が、お互いがお互いを支え合い、励まし合い、協力して、イグルー作りに望みました。
朝から初めて、日が暮れるまで一生懸命に頑張って、直径3.2m高さ3.5mほどの、巨大なイグルーが一つできあがりました。電灯より背が高いのを知ったときは、笑うしかなかったです。
明日の朝、朝ご飯前からイグルー作りをすると、子ども達が決めて、今日はいつもより早く眠りました。子ども達の情熱を感じた日になりました。
明日も朝から、がんばります!!!!
3班
 今日は朝からイグルー作り。協力ということが分かってきたのか、スムーズに作業が進みました。みんなで声を掛け合いながら黙々と作業を続けた結果、一つ目のイグルーが完成!3班の子ども達の性格が現れるような綺麗な形のイグルーでした。
 明日はもう一つのイグルーと、イグルー同士を繋ぐ通路作り。今日より作業が多いぶんさらに協力が必要になるので、子ども達がどのようにしてイグルー作りを進めていくのか楽しみです。
 3班の子ども達が考えた『世界に輝け、僕らのイグルー!』を合い言葉に明日も頑張ります!!

→ 続きを読む

1月12日 3班


3班
今日の午前中はイグルーの設計図作りをしました。
今までいろいろな場面で発表の準備をしてきました。回を重ねるたび子ども達自身に、どうしたらみんなが聞きやすい発表になるのかを考える意識が生まれてきていました。今回子ども達が考えたアイディアは、発表用の模造紙の裏にカンペを貼るという物でした。         実際に発表するときには、そのアイディアのおかげでスムーズな発表をすることができました。相手が聞きやすい発表を考えられるまでに成長した子ども達を見て嬉しさを感じました。
午後からはいよいよイグルー作り開始!
 初めのうちは不慣れだということもあり思うように進まなかったけれど、後半はみんなの連携もできあがり、リズム良く進めることができました。
 今日の班員の振り返りシートの中に『3班は最高』というコメントがありました。
 残り少ないスノーワンダーを3班の最高の仲間達と大切に過ごしていこうと思いました。

→ 続きを読む

過去の特集・お知らせ

週末体験
お得なお食事プラン
お得な宿泊プラン
お得な宴会プラン